気象トピックス・コラム - 筆者別
水道管の凍結

南米ペルー沖の海水温が平年よりも低い状態が続くラニーニャ現象の影響で寒い冬になっています。 ラニーニャ現象が起こった2017年~2018年の冬も記録的な寒さとなりました。当社のある東京・練馬でも2018年の1月下旬は朝晩…

これからの生物季節観測

気象庁では、1953年から全国の気象台や測候所などでサクラなどをはじめとした植物34種の開花や、ウグイスなど動物23種の初鳴きなどを記録する「生物季節観測」を行ってきました。この生物季節観測については、以前のコラム「楽し…