気象トピックス・コラム
空もよう
九州、四国は引き続き大雨に要警戒

 

30日の天気のポイント

台風12号が鹿児島付近を南下しており、引き続き九州南部、四国太平洋側を中心に大雨に警戒が必要です。雨の降り終わった所でも長時間の降雨で地盤が緩んでいる所がありますので土砂災害などにご注意下さい。
 
 

各地の天気

▽北海道・東北
日本海側はおおむね晴れますが、太平洋側は湿った空気の影響で北海道を中心に雲が多く、所により雨が降るでしょう。各地の最高気温は仙台では29℃と平年並みですが、札幌で31℃、旭川で33℃、盛岡で32℃と平年を上回る真夏日の所が多く、東北では猛暑日になる所もある見込みです。熱中症にご注意下さい。

 
▽関東甲信・東海
東海、甲信は広く晴れますが、一部で雨になり、三重などでは激しく降る所もあるでしょう。また関東は湿った空気の影響で雲が多く、所により雨が降るでしょう。各地の最高気温は東京、横浜で32℃、名古屋で35℃と平年並みか、平年よりやや高い所が多く、真夏日や猛暑日となるため、熱中症に要注意です。

 
▽北陸
高気圧に覆われ、おおむね晴れますが、湿った空気の影響で次第に雲が多くなり、夜を中心に雨の降る所があるでしょう。各地の最高気温は新潟で36℃、金沢で35℃と平年を大きく上回る猛暑日になるため、熱中症に十分にご注意下さい。
 

▽近畿
晴れる所が多いですが、湿った空気が入るため、南部を中心に雨や雷雨になる所があるでしょう。各地の最高気温は大阪で35℃、京都、神戸で34℃と平年並みか、平年よりやや高い真夏日や猛暑日になるため、熱中症にご注意下さい。

 

▽中国・四国
山陰はおおむね晴れるでしょう。一方、山陽、四国は台風12号に伴う湿った空気の影響で雲が多く、所により雨が降り、四国太平洋側では大雨に警戒が必要です。各地の最高気温は高知では30℃と平年よりやや低いですが、広島で34℃と四国、山陽では平年並みか、平年よりやや高い真夏日、猛暑日になる見込みです。一方、松江で34℃と山陰では平年を上回る真夏日、猛暑日になるでしょう。熱中症にご注意下さい。

 

▽九州
台風12号の影響で広い範囲で雨が降り、南部を中心に雷を伴う激しい雨になる所があるため要警戒です。各地の最高気温は福岡で33℃、鹿児島で32℃と平年並みか、平年よりやや低い真夏日の所が多い見込みです。熱中症にご注意下さい。

 

▽沖縄・奄美
広く晴れますが、奄美地方は台風12号の影響に伴う湿った空気の影響で雲に覆われ、所により非常に激しい雨になる見込みです。海上は広い範囲でうねりを伴い、奄美地方では波が次第に高くなるでしょう。日中の気温は平年並みか、平年よりやや高い真夏日となる見込みです。熱中症にご注意下さい。

 
 

30日の天気予報

 
 

30日の予想最高気温

 

*次回更新は7月30日20時30分頃を予定しています。