気象トピックス・コラム
気象トピック
紫外線から身を守ろう!

 

5月に入り、本格的な紫外線のシーズンがやってきました。昔は、「小麦色の肌」に憧れ、夏になれば海で日焼けに行ったりした方も多かったのですが、最近は、美白を進めるCMが多くなってきています。紫外線は、浴びすぎるとお肌のシミ、シワの原因となる他、皮膚がんを引き起こすこともあり、危険なのです。

 

紫外線は、太陽から届く光の一種で、可視光線よりも短く、目にはみえません。紫外線には、波長が長い順に、UV-A、UV-B 、UV-Cの3種類があります。波長が短いほど、人体にとって有害なのですが、紫外線は、その多くをオゾン層が吸収してくれます。
最も有害なUV-Cは、オゾン層と大気中の酸素分子で完全に吸収され、地表には届きませんが、まれに、エベレストの山頂には到達することもあるようで、オゾン層の破壊により形成されたオゾンホールのある南半球では、UV-Cが到達することがあると懸念されています。次に有害なUV-Bも、オゾン層に吸収されますが、一部は地表に到達します。UV-Aは、オゾン層を透過して大半は地表に到達しますが、UV-Bほど有害ではありません。このため、人体に最も影響を与えるのは、UV-B といわれています。また、オゾン層の破壊によって最も影響を受けるのは、UV-Bの増加です。

 

紫外線対策は、帽子や日傘、サングラスなどを使って、オシャレにすることができます。
帽子は、なるべくつばの広いものを選びます。サンバイザーではなく、麦わら帽子の方が、周囲にぐるりとつばがあるので効果的です。
サングラスは、ゴーグルのようなものが望ましいのですが、ファッション性を考えるとあまりオシャレではないので、少なくとも、紫外線防御効果のあるものを選びましょう。
日傘も紫外線対策には効果的で、どんな色や素材のものでも、大半の紫外線をカットしてくれます。とはいえ、地面からの照り返しの紫外線は防ぐことができないのが欠点です。

 

こういったことを考えると、日焼け止めクリームはすべての点において効果的です。日本では、日焼け止めクリームの持込みを禁止している学校もあるようで驚きましたが、子供ほど、紫外線を浴びることへの危険性が高いことを理解した方がよいと思います。
紫外線はDNAを傷つけるため、細胞分裂がさかんなお子様ほど、幼い頃から浴び続けることにより、遺伝子に異常が起こり、皮膚がんになる確率が高くなるのです。

 

紫外線対策は、自分の体を守るためのものであり、単にオシャレをするためのものではありません。自分の肌にあった日焼け止めクリームを選んで、帽子や日傘、サングラスなどを上手に利用し、大人だけではなく子供も、紫外線対策をしっかりとするようにしましょう。