気象トピックス・コラム
気象トピック
一雨一度

 

秋は、「一雨一度」とよばれる季節です。秋になると雨が降るたびに気温が1℃低くなるという意味です。

 

秋雨の時期が終わり、10月~11月になると、高気圧と低気圧がおよそ1週間の周期で日本付近を通るようになります。このため、単純に計算すると週に1回の割合で雨が降ることになります。東京の平年値で最低気温の下がり方を確認してみると、秋には1週間におよそ1℃以上低くなっていくのがわかります。

 

ところが、実際は秋の気温の変化は1℃どころではなくもっと大きいのです。低気圧が近付くと気温は上がりますが、雨の降った後は寒気が流れ込んできて気温が下がります。天気が回復し高気圧に覆われて晴れた日の翌日は、地上の熱が奪われる放射冷却も強まり、厳しく冷え込みます。高気圧と低気圧の通過と、その後の寒気の流れ込みを繰り返す事によって秋が深まり、冬になっていきます。

 

一雨ごとに気温の急な上がり下がりを繰り返し寒さが増していくこの季節は、体調管理に十分注意するようにして、徐々に近づきつつある冬への準備を進めていきましょう。