気象トピックス・コラム
気象トピック
きょうはいい皮膚の日

 

きょうは、「いい皮膚の日」です。これは、日本臨床皮膚科医会が11月12日という日付の語呂あわせで、1989年に定めたものです。日本臨床皮膚科医会は、この日に皮膚についての正しい知識や理解を深めてもらうために、毎年、この日の前後に、全国で、一般の方々を対象に、講演会や皮膚検診、皮膚についての相談会などを行っているそうです。

 

肌の悩みのひとつに「肌荒れ」があります。肌荒れは、気温と湿度に大きく関係があります。
気温が低く、湿度が低いほど肌水分は減少し、肌荒れしやすいためです。気温が低くなると、血行不良や代謝の低下も起こります。また、湿度の低下で、肌が水分不足になるのです。立冬を過ぎ、暦の上では冬を迎え、これから気温がますます低くなっていくこの時期は、お肌のケアが重要になってきます。

 

全国の主要都市のこの先の相対湿度の変化を、平年値で見てみます。これから急激に相対湿度が低くなっていくのは、太平洋側の東京です。11月から12月にかけて、相対湿度は9%も下がります。11月の相対湿度は65%なのに対し、12月は56%です。仙台では、9月から11月と、2ヶ月かけて10%と急激に下がっていきます。9月の相対湿度が78%、10月は72%、11月は68%です。

 

また、肌荒れには、日照時間も関係しています。「秋田美人」という言葉がありますが、日本海側の秋田県では、日照時間が短く、紫外線を浴びる量が少ないです。秋田の11月の日照時間の平年値は、82.7時間です。これに対し、東京は、147.9時間で、東京は、秋田のおよそ1.6倍も日照時間が長く、紫外線を浴びる量が多いのです。夏の紫外線に比べれば紫外線の量は少ないものの、これから冬に向かい、晴れることが多くなることによって日照時間が長くなる太平洋側では、お肌のケアは、特に必要です。

 

これからは、気温も低くなっていきますから、保湿効果のたっぷりあるお気に入りのスキンケア製品を使って、万全のケアをして下さいね。