気象トピックス・コラム
気象トピック
寒さの種類

 

1月も半ばにさしかかり、これから1年で最も寒い時期を迎えようとしています。
私たちが感じる「寒さ」には、大きく分けると3種類あります。それは、「風冷え」、「底冷え」、「しけ寒」です。

 

「風冷え」とは、風が強いときの寒さです。風が吹くと、風によって体の表面の熱が奪われていきます。さらに、風が強ければ強いほど、奪われる熱の量が増えて、寒く感じます。一般に、風速が1m増すごとに、体感温度が1℃下がると言われていますが、これが「風冷え」の原因です。

 

また、風が弱くても、夜間晴れていると、地表の熱が奪われる放射冷却が強まって気温が下がります。気温は、おおよそ1m50cmくらいのところで測っています。気温が3℃くらいのところにいると、足元は0℃くらいになり、顔の辺りよりも地表付近の足元の方がずっと冷えて、寒さが増します。これが「底冷え」です。

 

そして、「しけ寒」とは、雪や雨が降り、湿度が高いときに感じる寒さです。夏は湿度が高いと蒸し暑く感じるので、不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、気温が低いときは、湿度が高いほど寒く感じるようになります。「ミスナールの体感温度の計算式」というものがあるのですが、その計算式によると、気温が10℃を超えると、湿度が高いほど暑く感じますが、気温が10℃以下になると、湿度が高いほど寒く感じるということです。

 

このように寒いときには、「手首」、「足首」、「首」を暖めることによって体温の低下を防ぐことができます。「手首」は手袋で、「足首」は、靴下やブーツで、「首」は、マフラーで暖めることができますが、特に「首筋」や「手首」には、太い血管やリンパ線があり、体温が奪われやすい場所です。このため、マフラーで「首筋」を、手袋で「手首」を保温すると体温の低下を抑えることができます。また、靴下やブーツは、「底冷え」を防ぐことができます。

 

最も寒い時期にさしかかるこの時期、おしゃれな小物を上手に利用して、寒さ対策を心がけて下さい。