気象トピックス・コラム - カテゴリー別
落ち葉

  木々からは葉がすっかりと落ちて、寂しい季節となりました。私たち人間が冬支度をするように、樹木も葉を落とすことによって冬支度をしています。そして落ち葉は、都市部では清掃され廃棄されることが多いですが、本来は土…

きょうは立冬

  きょうは二十四節気のひとつ「立冬」、暦の上ではきょうから冬です。   暦より先に「山」では冬を迎えています。気象台や測候所では「初冠雪」を全国44の山で観測をしていますが、先月末の寒波の到来で観測…

芸術の秋

  11月3日は文化の日で、この日を中心に各地で芸術祭などが行われます。芸術の秋は、1918年に発行された雑誌「新潮」の中で「美術の秋」という記載があったことから由来する説が有力ですが、秋には大きな美術展や芸術…

秋の日はつるべ落とし

  「秋の日はつるべ落とし」という言葉があります。   「つるべ」とは、昔、井戸の水をくみ上げるときに用いた天秤のような2つの桶を網でつないだものです。「つるべ落とし」とは、その桶が勢いよく水面に落ち…

渡り鳥

  先日、宮古島や石垣島でサシバと呼ばれるタカの南下の初見が観測されました。サシバは暖かい東南アジアなどで冬を過ごすため、この時期になると本州から南西諸島へ飛来する夏の渡り鳥の一種です。   サシバや…

重陽の節句

  きょう2018年10月17日は、旧暦の9月9日です。 いまの日本ではあまり知られていませんが、旧暦の9月9日は「重陽の節句」という「五節句」のひとつで、江戸時代には祝日として年中行事が行われていました。 &…

秋渇き

  秋の季語に「秋渇き」という言葉があります。   秋は空気が乾燥する季節ですから、「秋渇き」は秋の空気を表す言葉ともいえますが、本来の意味は秋の乾いた空気ではなく、秋に増してくる「食欲」を意味します…

仲秋の名月

  きょうは仲秋の名月、十五夜です。   仲秋の名月といっても、毎年満月とは限らず、今年の満月はあす25日です。時期によって異なりますが、月の出の時刻は1日におよそ50分も遅くなります。月の出を待ち遠…

雲の種類

  月日の経つのは早いもので、9月も半ばを過ぎました。空を見上げてみると、空の高い所にいわし雲が見られることがあり、秋の気配を感じられるようになりましたね。   ところで皆さんは、雲は何種類くらいある…

防災の日

  きょう9月1日は「防災の日」です。   地震をはじめとして、台風、高潮、津波などの災害についての認識を深め、それらの災害に対する心構えをしておく機会を作るため、1960年に制定されました。毎年この…