気象トピックス・コラム
気象トピック
紅葉

 

秋も深まり、紅葉のシーズンを迎えています。紅葉は、北海道の大雪山で9月の中旬から下旬ごろから始まり、今は、東北地方などで見ごろを迎えている所が多くなっています。
山が多く起伏に富み、南北に長い日本列島では、紅葉は遅い所では12月上旬まで楽しむことができ、3ヶ月ほどが紅葉のシーズンとなります。

 

紅葉は、朝の最低気温が8度を下回るようになるとしばらくしてから始まり、5~6度になると一気に進みます。最低気温が8度を下回るようになる時期は、札幌が10月中旬、仙台が11月上旬、東京が11月中旬、大阪と福岡が11月下旬です。

 

秋になり、気温が低くなってくると、木の活動が弱まり、葉の付け根に「離層(りそう)」と呼ばれる層ができます。この層ができると、木から栄養が葉に届かなくなります。そうすると、夏にはあった緑色のもとであるクロロフィルが減って、緑色はだんだん消えていきます。
このように葉からクロロフィルが減ると、イチョウなどは、もともとあったカロチノイドの黄色が目立ってきて、黄色く色づきます。
また、カエデなどは、離層にたまった糖分が日光に当たり、赤色のアントシアニンに変化して、葉が赤く色づきます。

 

紅葉が綺麗になる条件は、下記のようなときです。
① 陽射しが多い
8月~9月の日中によく晴れて、光合成が盛んになると、葉に糖分が多く蓄えられるため、色づきがよくなります。さらに、カエデなどの葉が赤くなるものは、離層ができたあとにも、陽射しがないと、葉に残された糖分が日光に反応しないため、アントシアニンがきれいに作れず、色づきが悪くなります。
② 昼夜の気温差が大きい
光合成によって作られた多くの糖分が、夜間の気温が低いことで、呼吸に使われる量が少なくなり、より多くの糖分を蓄えることができるため、葉がきれいに色づきます。
これに加えて、夏に気温が高く雨が多いこと、台風による塩害がないことも大切です。

 

みなさんのお住まいの場所の紅葉の見ごろはいつになるのでしょうか?
これから里におりてくる紅葉が楽しみですね。